傘のしずく落とし
(レインカットECO)

環境・エコ商品 レインカットエコ / ビニール袋を使わず、電気も使わない現代にマッチしたエコでクリーンな傘のしずく落とし

レインカットECO「雨のしずく落とし」

【特徴】

  • 焼却時にCO2等の有害物質を排出するビニール傘袋を使用しません
  • ビニール傘袋の散乱時のように、美観を損ねることがありません
  • ビニール傘袋使用にかかるランニングコストを低減します
  • 装着した"樹脂製"メッシュマットは、吸水しないため汚れが発生せずメンテナンスフリーを実現します
  • 各アイテムともに、表・裏パネルにシート貼りすることが可能、空間デザインとの統一を図れます

エコでクリーンな
"傘のしずく落とし"

環境対策・経費削減

環境対策:ダイオキシン・
CO2の削減

雨傘対策では一般的なビニール傘袋が当たり前のように使われています。
「短期間ではゴミになり、再利用できない」「使用済みビニール傘袋を処理する際に、ダイオキシン、CO2等の有害物質発生の恐れがある」「限られた石油資源の無駄遣い」など、まさにエコの敵とも言える問題を抱えています。

ゴミと経費の削減:
ビニール傘袋を使わない!

買い物には「マイバック持参」が定着しつつある昨今、電気もビニール傘袋も一切使用しないレインカットECOはこれからの時代にマッチする傘のしずく落としです。

【ビニール傘袋のコスト試算表】
袋使用者数 ポリ袋単価 年間雨日 消費金額
1,000人 ×3円 ×60日 ¥180,000
2,000人 ×3円 ×60日 ¥360,000
3,000人 ×3円 ×60日 ¥540,000
4,000人 ×3円 ×60日 ¥720,000
5,000人 ×3円 ×60日 ¥900,000
10,000人 ×3円 ×60日 ¥1,800,000
【ビニール傘袋のCO2排出試算表】
袋使用者数 CO2の量 年間雨日 CO2排出量
1,000人 ×12グラム ×60日 0.7トン
2,000人 ×12グラム ×60日 1.4トン
3,000人 ×12グラム ×60日 2.1トン
4,000人 ×12グラム ×60日 2.8トン
5,000人 ×12グラム ×60日 3.6トン
10,000人 ×12グラム ×60日 7.2トン
エントランスの美観を維持

雨の日、使い捨てのビニール傘袋が散乱しているなか、お客様はどんな気持ちでご来店されるのでしょうか。エントランスの美観の維持はもちろん、フロアに落ちた雨水でお客様が滑って転倒される危険性もありえます。レインカットECOは美観維持、転倒防止、清掃の人件費抑制に貢献します。

レインカットECOの設置でビニール傘袋が散乱することなく、スッキリしたエントランスになります。

レインカットECO「雨のしずく落とし」 エントランスの美観を維持

レインカットECOの
しくみ

クロスマット

クロスマットで吸い取られた雨水は、逆戻りすることなく内部のコーティング膜に沿って落下します。

レインカットECO「雨のしずく落とし」 クロスマット

メッシュマット

メッシュマットではらわれた雨水は、マットやボディ内部に沿って落下し排水されます。

レインカットECO「雨のしずく落とし」 メッシュマット

使用方法

レインカットECO は、新開発メッシュマットを採用する事によりパワフルな撥水性能を発揮し、まるで外で傘をふってきたかのごとく、傘についた雨のしずくを効率よく落とします。

製品ラインナップ

レインカットECO
2WAY

レインカットECO ビニール傘袋比較「傘のしずく落とし」

レインカットECO
1WAY

レインカットECO レインカットECO 1WAY「傘のしずく落とし」

レインカットECO
MINI

レインカットECO MINI「傘のしずく落とし」

レインカットECO
4面はっすい

レインカットECO 4面はっすい「傘のしずく落とし」

関連パーツ

サポート